What’s NS?

What’s NS?

ナガノサイエンスは国内唯一の「安定性試験保存プロセスソリューション」提供企業です。

安定性試験保存プロセスにおける、
リスクを含むコストを最小化するための製品・サービスの開発を行っています。

保存空間を作り出すチャンバー、装置とデータを管理するシステム、
空間品質を担保するクオリフィケーションは
国内の多くの製薬メーカーに採用されています。
また、リスクアセスメント、検体保存といったサービス製品、
独自のフィジカルプラットフォーム上での情報提供やワークショップの実施など、
あらゆる角度から安定性試験をサポートしています。

当社では、これらのソリューションの開発を安定性試験保存プロセスの要素開発と捉えています。
目指すのは、これら要素の相互作用で実現する、プロセス全体の開発です。

そして、プロセス開発と並行して行っているのが、グローバル進出です。
当社が保有している独自の知的資産のライセンシングによる、グローバルエコシステムを構築し、
海外のお客様にも当社ソリューションを提供できる体制をつくりだす活動を進めています。

 

~安定性試験保存プロセスとは?~
医薬品開発において必須とされている試験のひとつが安定性試験です。
薬の品質を確認する試験であり、厚生労働省に承認申請を行う前の最後の試験である、
という点から非常に重要な試験であると言えます。

安定性試験保存プロセスは、安定性試験において大半の時間を占めるプロセスです。
精密な温湿度管理、装置の”確からしさ”の証明、データ管理、サンプル管理、
リスクマネジメント、教育・訓練など、さまざまな問題・課題をクリアしなければならないプロセスです。

 

Company Information
社名:ナガノサイエンス株式会社
創業:1962年(昭和37年)11月1日
設立:1970年(昭和45年)9月28日
資本金:75,000千円
代表:長野大造
従業員数:270名(2019年10月1日現在、パート社員含む)